子宮内膜症 仕事 辞める

子宮内膜症の辛い症状で仕事を辞めることを考える場合

スポンサーリンク

子宮内膜症は、生理痛のような痛みが常に伴ってしまう病気です。
この詳しい原因ははっきりとは分かっていませんが、本来生理で外へ排出される血液が、子宮以外の卵管などにとどまってしまうことで痛みが発生してしまいます。
下腹部を中心に鈍痛が続くことが多く、人によっては日常生活で頻繁に辛さを感じることもあります。
既婚者でも仕事をしている人は多いので、子宮内膜症の症状を抱えながら両立させていくことに悩む人も少なくありません。
そのため、仕事を辞めることを考える人も多いですが、辞める前に1度上司に相談してみるのもいい考えでしょう。
治療で通院しているのであれば、診断書の提出でしばらくお休みを取ることも可能かもしれませんし、症状に合わせて勤務時間や勤務日数の変更も受け入れてくれるかもしれません。
無理をせずこのまま続けたい意思があるのならば、症状の報告も含めて相談しみることが最善です。

スポンサーリンク

たとえ上司が男性であっても、女性特有の病気なので相談することに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、仕事が関わっていることなので早めに相談してみることが大切です。
どのような結果になろうとも、自分の体調のために相談してみて後悔することはないでしょう。
反対に、肉体労働など動き回ったり立ちっぱなしの仕事だと、子宮内膜症の症状もさらに辛くなるかもしれません。
なおかつ、症状もひどければ、無理をせず仕事を辞めることを優先にするのも間違いではありません。
本格的に治療に励みたい人や、充分に静養したい人は辞める勇気も症状の改善のためにいい影響となります。
子宮内膜症は治療でいくらか症状を抑えていくことはできますが、それも人によって長引く場合もあるので焦りは禁物です。
女性にしか分からない病気なので、あまり理解が行き届きにくい病気かもしれませんが、周りに少しでも理解を求めていき、体調と相談しながら治療に向き合っていくようにしましょう。

スポンサーリンク