子宮内膜症 妊娠確率

子宮内膜症を患った場合の妊娠確率

スポンサーリンク

女性の約10人に1人は発症するとも言われている子宮の病気があります。
それが、「子宮内膜症」です。
生理の際に重い生理痛を伴うというのが特徴的です。
さらに不妊の原因ともされています。
そもそも、子宮内膜症とはどのような病気なのでしょうか。
これは、本来子宮内膜の組織は子宮の中だけにしか存在しません。
しかし、何らかの原因により、卵巣や卵管などの子宮以外の場所で子宮内膜組織が増殖するという病気です。
生理の時には、組織が剥離しますが、それを体外に排出することが出来ませんので、炎症や痛みなどを生じることもあります。
20代から40代まで幅広い年齢で発症し、閉経を迎えるとその発症数は大幅に減少するようです。
原因については、様々な説がありますが、はっきりとは分かってはいません。
ストレスやアレルギーが原因となっているとも言われています。

スポンサーリンク

子宮内膜症を発症すると、卵巣や卵管の働きが妨げられ、不妊症になるとされています。
実際、子宮内膜症を患っている人の半数が不妊症であるとも言われており、密接な関わりがあると考えられます。
子宮内膜症を患ってから3年以内の妊娠確率や軽症の場合では3〜4割程度、重症の場合の妊娠確率は1割未満とされています。
妊娠の確率は低くなるものの、絶対に妊娠することが出来ないというわけではありません。
治療を受けることにより、妊娠することも可能です。
そのためには、治療を受ける時に、妊娠の希望があるということをしっかりと伝えることが大切です。
それにより、最適な治療法も違ってきます。
ただし、症状が重症化しており、手術により子宮を全摘出する必要があるという場合には、妊娠の可能性は無くなるでしょう。
そうなる前の早期発見・早期治療が大切です。

スポンサーリンク