子宮内膜症 入院期間

子宮内膜症の手術の入院期間について

スポンサーリンク

 生殖年齢の女性の10%にあると考えられる子宮内膜症は、本来は子宮内にしかないはずの子宮内膜や子宮内膜の組織が、卵巣や膣など子宮以外の場所にもできる病気です。
子宮以外の場所にできた子宮内膜にも、本来の場所にある子宮と同じように生理がきます。
通常本来の子宮では、血液や剥離した内膜を体外に排出することが出来ますが、子宮以外にできた子宮内膜では排出を行うことが出来ません。
そのために、体内に血液や内膜が溜まってしまい炎症を起こしたり、他の臓器などとも癒着を起こしてしまうことで様々な痛みを伴います。
現在では確かな原因は明らかになっていませんが、生まれつきや生理の時に剥がれ落ちた子宮内膜の一部が卵管を逆走することによって、卵巣や腹部臓器に達して増殖することが原因と考えられています。
不妊の原因にもなる病気です。

スポンサーリンク

 子宮内膜症の手術には、腹腔鏡手術と開腹手術があり入院期間も異なります。
手術法は、症状の種類・程度・年齢や将来妊娠を希望するかなどを総合的に判断し決定されます。
手術前に医師や家族としっかりと相談し、自分に合った方法を選択できるようにしなければなりません。
腹腔鏡手術は、開腹するほどではないと判断された場合・妊娠を希望する場合・不妊治療目的の場合に行われることが多く、お腹を切開せずに内視鏡を見ながら処置をする方法です。
開腹手術と比べて出血も傷も少なく、回復も早いので入院期間は短くなります。
また、治療費と入院費を合わせた費用も開腹手術と比べて安くなります。
 開腹手術は、症状が悪く子宮・卵巣・卵管全てを摘出しなければならない場合に行われ、お腹を切開して処置をする方法です。
入院期間は2週間から3週間と長くなります。

スポンサーリンク