子宮内膜症 妊娠 治る

子宮内膜症は妊娠することで治るのか

スポンサーリンク

 初経後の10代後半から発症する可能性があり、今のところは閉経するまで完治しないとされる病気が子宮内膜症です。
 子宮内膜症とは、本来子宮の内側にしかないはずの子宮内膜が、卵巣や腹膜などの子宮以外の場所にでき、増殖と剥離を繰り返すことで痛みを引き起こす病気です。
子宮の内側にある子宮内膜は、月経時に月経血として体外へ排出されます。
しかし、子宮以外の場所にできた子宮内膜は、排出されることがないため体内にとどまってしまい、癒着や炎症を起こしてしまうのです。
 子宮内膜症は現在、20代から40代の女性に急増している病気です。
昭和40年代と比較すると患者数は約3倍にもなっており、これは女性のライフスタイルの変化が原因とされています。
働く女性が増加したことによる晩婚化や、子どもを産まない選択をする女性が増加したことが挙げられます。

スポンサーリンク

 子宮内膜症は妊娠したら治るという説に対する答えは、妊娠中には症状が治まるということが正しいのであって、治るというわけではありません。
痛みなどの症状は子宮内以外にできた子宮内膜が、月経のたびにエストロゲンの影響で出血・悪化することで生じます。
妊娠中には、このエストロゲンの働きを抑制するプロゲステロンというホルモンが分泌されるので、妊娠中は症状が治まるというわけです。
 また、出産後の再発防止はできません。
出産後に生理が再開されれば、再びエストロゲンが影響を及ぼすので症状が生じるようになり、進行する可能性もあります。
 しかし、子宮内膜症は良性の病気とされており、それ自体が命に関わる病気ではありません。
そのため、定期的に検査を受けるなど自分の体と相談しながら、閉経を迎えるまでの間上手く付き合っていくことが大切です。

スポンサーリンク