子宮内膜症 ピル 保険

子宮内膜症〜低用量ピルや医療保険の必要性

スポンサーリンク

20代〜30代の女性に多い病気、子宮内膜症。
子宮内膜とは受精卵が着床する赤ちゃんのベッドのようなもので、排卵後増殖し受精卵を着床しやすくします。
しかし妊娠が成立しなければ、不要になり、生理として血液とともに体外に排出されます。
その時、うまく排出されずに子宮以外の場所に子宮内膜が運ばれると、そこで増殖してしまいます。
生理とは関係ない場所で子宮内膜が増殖してしまうと、生理と同じ周期でさらに増殖し、それが強い痛みとなって表れてきます。
不妊の原因のひとつとも言われています。
症状としては、月経痛や腰痛、過多・過少月経、などです。
痛みを鎮痛剤などで我慢しないで、出血が続いたり、いつもと違う痛みだと感じたら早めに受診しましょう。
特に若い女性は将来不妊にならないように自分の体がどのような状態か把握しておきましょう。

スポンサーリンク

子宮内膜症の治療にはいくつかの方法があります。
鎮痛剤や漢方薬で痛みをおさえる方法もありますが、一般的になってきているのはピルを服用してホルモンをコントロールする方法です。
ピルは、からだを妊娠時に近いホルモン状態にすることで、月経痛を抑えることができます。
吐き気や頭痛・不正出血などの副作用が出ることもありますが、最近は、子宮内膜症の治療のために超低用量ピルが発売されています。
まだまだ今後も新しい治療法や薬ができてくると思われます。
薬では治療できなかったり将来妊娠を希望しているなら、手術をするのが効果的です。
手術、入院となった際に、女性向けの医療保険に加入していれば、子宮内膜症のような女性特有の病気に対しての保障が手厚いので医療費の出費を少しでも抑えることが出来ます。
万が一のときのために、1つは女性の医療保険に加入しておくと安心です。

スポンサーリンク