子宮内膜症 仕事 両立

子宮内膜症と仕事の両立はどうすれば良いか

スポンサーリンク

子宮内膜症とは、本来子宮内腔にしか存在しないはずの子宮内膜や、子宮内膜様の組織が、子宮以外場所にできる病気です。
子宮以外の場所にできた子宮内膜も、本来の子宮の周期と同じような変化が起こり、月経期になると子宮以外の場所にできた子宮内膜も剥離、出血しますが、血液や内膜を体外に出すことができず、体内に溜まります。
結果、諸臓器との癒着が起こります。
生殖年齢の女性のおよそ1割に子宮内膜症があると考えられており、妊娠したことのない女性に多いことも分かっています。
原因は不明ですが、生まれつきの場合や、月経時に剥がれ落ちた子宮内膜の一部が卵管を逆走し、卵巣や腹部臓器に達して増殖するという説があります。
そのような女性にとっては珍しくない病気ですが、やはり働く女性にっとてはつらいことです。
しかも、男性や健康な女性は痛みやつらさが分からないために、理解を示してくれない場合もあります。
仕事と病気をうまく両立させることはできるのでしょうか。

スポンサーリンク

まず大切なのは、病院へ行き、適切な治療を受けることです。
治療のアプローチは、漢方療法とピルの使用が最もメジャーです。
漢方薬は、痛みなどの症状を取ることはできても、内膜の増殖を抑えることは難しいと言えます。
仕事が忙しく手術をする時間がないし、つらい症状は取りたい、という場合に向いている治療と言えます。
痛みを取ることで、仕事との両立もしやすくなるでしょう。
漢方薬と同様に、痛みを抑える効果があるものに、薬物療法があります。
薬の種類としては、排卵を抑え、月経量を減らす低用量ピルや、内膜の増殖を抑えるホルモン治療薬などがあります。
ただし、この方法は、妊娠を望む女性には向きません。
妊娠を望む場合、やはり手術をするのが一番良い方法です。
将来の妊娠に備えて病巣のみを切除し、癒着を剥離します。
入院期間は5日ほどで、手術も短時間で終わるようなので根本から根絶したい場合には、最も良い方法と言えるでしょう。

スポンサーリンク