子宮 卵巣 癒着 原因

子宮と卵巣が癒着してしまう原因

スポンサーリンク

子宮内膜症は本来ならば子宮の内部だけに出来る子宮内膜が何らかの理由によって卵巣や骨盤、お腹の中などに出来てしまうことが原因の病気です。
できた子宮内膜は体内の女性ホルモンの分泌量に応じて生理のように剥がれたり、また新たに作られたりを繰り返しますが、経血のように身体の外に出してしまうことができないので身体の中に古い血液がたまって行ってしまいます。
だんだんとその量が増えて行ってしまうため、生理のたびに痛みが強くなっていくのが特徴の一つでもあります。
症状が酷くなってくるとひどい生理痛だけではなく、普段からお腹や腰が痛くなったり、排尿痛や排便痛等が起こってしまいます。
これは子宮や卵巣、腸が癒着してしまったことが原因で、腸などが動くたびに癒着した臓器も一緒に動くので痛みを感じてしまうのです。
癒着を引き起こしてしまっている場合には放置しておいても症状は改善しないため、手術を行わなければならなくなります。

スポンサーリンク

癒着が起こってしまう原因は卵巣などに出来た子宮内膜が体外へ排出されないことが原因です。
生理が終わると出血は止まりますが、その時に子宮内膜の組織が増大してしまって患部が徐々に広がって行き、癒着が強固になってしまうのです。
症状が軽度の場合には低用量ピルなどで女性ホルモンのバランスをコントロールして、症状の進行を防ぐ方法がありますが、その場合には妊娠することは出来ません。
また、服用をやめると再び症状が進行してしまいます。
悪化してしまった場合には手術を行って癒着を剥がしたり、最悪の場合には卵巣の摘出も行わなければならなくなってしまいます。
悪化してしまうと、簡単に治療ができない病気なのです。
近頃では内膜症の患者数が増大しています。
「生理痛が酷いだけだ。」と鎮痛剤の服用などで我慢していると、それが原因で卵管などに癒着が起こり、不妊の原因になってしまう可能性もあります。
まずは医療機関で診断を受け、適切な治療を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク