子宮 大腸 癒着 原因

子宮と大腸の癒着の原因

スポンサーリンク

子宮内膜症がある場合、大腸と子宮が癒着を起こすことがあります。
このような癒着が起こる原因は、主に月経時に起こる内膜の剥離です。
様々な所に発生した内膜は、月経の際に出血を起こします。
通常の月経血のように膣から外に出ていくことがないのが、内膜症で生じた血液です。
このような血液が体内に留まると、固まっていく過程で大腸などの他の組織を巻き込んで癒着が生じます。
生じた場所によって表れてくる症状には違いがあるのが一般的です。
こういった原因で生じた子宮と大腸の癒着は、治療が中々難しくなります。
外科手術によって剥離が可能な場合もありますが、中には治療が出来ない場合もあるのが厄介な点です。
日常的な動作などによって、自然に剥がれることもあり得ます。
いずれにしても腹痛や便秘などの症状が激しい場合は、医師に相談することが大切です。
子宮内膜症を悪化させないことも、重要なポイントになります。
最近では、ホルモン剤を用いた治療も可能です。

スポンサーリンク

大腸が子宮と癒着を起こしてしまうもう一つの原因が、帝王切開などによる組織の損傷です。
こういった外科的なアプローチを行なうと、かなりの確率で癒着という現象が起こります。
そのため手術の際には、予防用のフィルムなどが用いられるのが最近の傾向です。
ですが、一定の対策を講じた場合でも完全に発生を防ぐことは難しいのが現実です。
帝王切開を繰り返している場合は、特に発生率が高くなります。
従って、2回目以降の手術の際には剥離に時間がかかり、出血量が増えることがあるのが問題です。
こういった様々な原因で生じる子宮と大腸の癒着は、完全に防ぐことが難しいと言えます。
重度の便秘や腹痛などの痛みを繰り返すような場合は、念のため婦人科で相談してみるのがベストです。
子宮の病気や外科手術の既往があると、どうしても不安が増大しがちになります。
婦人科などを受診してしかるべき検査を受けることは、精神的なストレスを減らすためにも有効な方法です。

スポンサーリンク