子宮 腸 癒着 症状

子宮が腸に癒着している時の症状

スポンサーリンク

子宮に何か異常が発生しているときには、さまざまな症状が現れるようになっています。
日常生活の中で、いつもとは違う感じがする時には、迷わずに病院を受診するようにします。
放っておくと手遅れになることもあるので、満足に治療を受けることができない場合もあります。
女性特有の病気がありますが、そのなかで子宮内膜症という病気があります。
これは最近では多くなっている病気の一つです。
20代の女性を中心に増加しているという傾向があります。
これはどのような病気となっているのかというと、本当であれば子宮の中にしかない内膜が、壁や卵巣やお腹の中に発生してしまうという状態となります。
しかしなぜこの部分に発生してしまうのかに関しては、現在でははっきりとわかっていません。
内膜部分は、卵巣から出ている女性ホルモンに反応をして増えるようになっています。
したがって毎月の生理の際にはがれて、出血という形で現れるようになっています。

スポンサーリンク

しかし別の部分にできたものは、出血をしても出て行くところがありません。
したがって壁や卵巣やお腹の中の古い血液がたまっていくという状態となってしまいます。
ここでたまってしまった血液に関しては、周辺に炎症を引き起こして癒着という状態を作ってしまいます。
すなわち癒着を引き起こすことで、子宮や卵巣や腸が引き連れたようにくっついてしまうということになります。
このように腸がくっついてしまうという癒着の状態が発生するようになっています。
子宮内膜症にはいくつかの症状が現れるようになっていますが、その主な症状は生理痛ということになります。
このなかで癒着が広がってしまうと、生理の時ではなくても、お腹や腰が痛いというような症状が現れるようになります。
そうなると排便の際に痛みを感じることもあります。
卵管に癒着が発生したときには、卵管が詰まってしまうので不妊の原因となってしまいます。
腸などが癒着してしまうのでさまざまな症状が現れるようになっています。

スポンサーリンク