子宮 膀胱 癒着 症状 病気

子宮の病気と膀胱の癒着の症状

スポンサーリンク

子宮と膀胱は非常に近い位置にあるため、時に癒着という現象が起こります。
こういった現象は、子宮内膜症などを持っていると生じやすくなるのが一般的です。
内膜が膀胱付近に発生した場合には、特に癒着が起こってしまうことがあります。
このような現象が生じたときの代表的な症状は、主に膀胱付近の痛みや不快感です。
膀胱炎と間違うこともありますので、心当りがある場合は早めに婦人科や泌尿器科を受診します。
子宮内膜症では、内膜が直腸や膀胱などの他の部位に発生してしまうケースが見られます。
月経時には他の部位の内膜も剥がれ落ちることから、相応の痛みが伴うことが多いです。
月経に伴って排尿時や排便時の痛みがある場合は、子宮内膜症の疑いが出てきます。
子宮の周りは、実のところ様々な臓器が集まっている部分です。
通常は骨盤の中でそれぞれがバランスを保って存在しています。
ですが、何らかの理由でこのバランスが崩れることがあり、様々な症状が出てくることが問題です。

スポンサーリンク

膀胱と子宮が癒着してしまうケースは、帝王切開や筋腫の手術の後にも少なくないです。
外科手術の後には、粘膜が修復活動を開始します。
このような修復活動の過程で起こり得るのが、周囲の組織との癒着です。
膀胱や腸と癒着を起こすと、痛みはもちろんのこと排尿や排便障害の症状が表れてきます。
どのような癒着の仕方をしたかによって、症状は異なるのが常です。
症状のレベルにも差がありますので、場合によっては癒着に気づかないことも考えられます。
こうしたことから、子宮の病気を持っている方や手術を受けた方は、常に自分の症状に気を配ることが必要と言えます。
画像検査などを受けることで、状態の確認は可能です。
他の病気と誤認してしまうと治療が遅れることがありますので、注意を要します。
エコー検査であれば、体に負担を与えることなく行うことが出来ます。
このような緊急事態に備えて、日頃からかかりつけの婦人科や泌尿器科を作っておくと安心です。

スポンサーリンク