子宮 痛み ストレス 原因

ストレスで子宮に痛みが走る原因

スポンサーリンク

ストレスで痛む内臓と言えば、胃腸が定番です。
しかし、子宮に痛みが走る場合もあります。
そうなったときの病名として考えられるのは、子宮内膜症です。
これは子宮の内膜に似た組織が卵巣などに繁殖し、生理と同じように剥がれ落ちたりする病気です。
これを患うと、血液の塊がそこに生じたり、他の臓器と癒着したりするので、様々な問題を引き起こします。
生理が何度も来たりするのが、その典型的な症状です。
これになりやすいのは、40代以降の女性だとされています。
しかし高学歴でストレスをため込みやすい人もかかるとされています。
また、血行不良がその原因だとも言われています。
血行不良は生活習慣の乱れや運動不足などを理由に起きます。
これをどうにかするためには、ストレスをためずに済む環境を用意することです。
適度な運動をすることがそれに結びつくのであれば、一石二鳥の効果を生むことになるので、それを意識するようにしましょう。
そうすれば痛みは自ずと和らいでいきます。

スポンサーリンク

子宮にストレスから痛みをもたらすものと言えば、他に月経困難症が考えられます。
この病気は名前にあるように、不快な症状が月経の度に起こります。
主なものとしては、激痛に嘔吐、便秘と下痢です。
生理前になると、女性はホルモンバランスの関係からイライラしがちになる傾向があるのですが、この病気を患っているときにそのような心理状態でいると、余計に症状を悪化させてしまいます。
このため、生理のときはいつも体調がよくないという女性は、ストレス解消を意識して行う必要があります。
子宮筋腫はそこにできる腫瘍です。
これは月経困難症と同様に、生理のときに不愉快な現象を起こすものです。
これとストレスは強い結びつきを持つとされており、それを感じにくい場所で数ヶ月ほど過ごしただけで、症状が軽快したとの例が複数存在します。
いずれの場合にしても、乱れた生活習慣などが原因となり、子宮に悪影響を与えています。
苛立ちを感じたら、その日のうちにそれをすっきりさせるようにしましょう。
バランスの取れた食生活を続けることもまた大切です。

スポンサーリンク