子宮内膜症 太る 対処法 治療

子宮内膜症の治療で太る場合の対処法

スポンサーリンク

子宮内膜症とは女性特有の疾患の一種で、簡単に言うと子宮以外の場所に子宮内膜組織が発生する事を言います。
子宮内膜は子宮の内側を覆っている膜の事で、定期的に古い膜を排出して新しい膜へと交換する作業が行なわれます。
この膜は妊娠をした時に赤ちゃんのベッドの役割を果たす部分で、非常に重要な役割を担っています。
この子宮内膜が何等かの理由によって子宮以外の部分に出来るのが子宮内膜症で、実際に発症している女性も少なくないです。
日本国内で妊娠可能な状態にある女性のうち、約1割程度の人が発症していると言われています。
この疾患を発症する原因については大きく2種類あり、1つ目は子宮内膜細胞が子宮以外へと運ばれてしまうというものです。
具体的には月経血等が逆流した際に、その月経血に含まれる子宮内膜細胞が腹膜等に到達してしまうというものがあります。
もう一つは腹膜等が女性ホルモン等の影響を受けて、子宮内膜細胞に似た組織に変化してしまうというものになります。

スポンサーリンク

子宮内膜症を発症した場合に現われる症状としては、下腹部痛や排便痛等が代表的なものとして挙げられます。
他にも尿路や腸管等が患部となると月経に合わせて出血が起こるので、下血等の症状が現われる事もあります。
子宮内膜症の治療方法については疾患の進行具合等によって異なり、医師が診察した上で治療方法が選択されます。
代表的な治療方法としては低用量ピル等を用いた薬物療法や、患部を摘出する手術等が挙げられます。
ちなみに患者の中には治療を開始してから太るという現象に悩む人もいますが、これは薬物療法の場合に見られる事が多いです。
ピル等の種類によっては太るという作用が発生する物があり、それの服用を続ける事で太る事があるとされています。
こういった場合の対処法にはいくつかありますが、中には生活習慣をコントロールする等して太り過ぎないようにするという対処法を行なう人もいます。
それ以外にも自分の力だけでは対応しきれない場合には、担当医師に相談するのも有効な対処法だと言えます。

スポンサーリンク