子宮 肉腫 急速に大きくなる

子宮の肉腫が急速に大きくなる時

スポンサーリンク

女性特有の病気がたくさんあります。
乳房に関する病気もその中の一つですが、子宮に関する病気も女性特有のものとなっています。
そのなかで子宮肉腫という病気があります。
子宮肉腫という病気をあまり聞いたことがないという人がいますが、これは特徴として初期症状があまりわかりにくいということがあります。
したがって早期に発見することが難しくなっています。
症状に気がついたときには手遅れになっていることもあるので、非常に恐ろしい病気となっています。
子宮筋腫という病気がありますが、この病気との違いをしっかりと把握しておくことが必要になります。
肉腫といわれていますが、これはどのような特徴があるのかというと、体部と呼ばれる部分にできる悪性の腫瘍のことになります。
婦人科系の癌はいくつかありますが、そのなかで約2パーセントから5パーセントというようにそれほど高いものではありません。
筋肉から発生するという病気となっています。

スポンサーリンク

ここにできる良性の腫瘍のことを子宮筋腫と呼んでいます。
これらは発生する部分が比較的同じとなっています。
したがって見分けがつきにくいということがあります。
良性の場合には命の危険があるということはありませんが、これを間違って判断していることもあるので、注意が必要となります。
肉腫は悪性となっているので、命を落としてしまう危険が全くないということではありません。
したがって病院で組織検査を行ったり画像診断を受けてしっかりと判断しなければいけません。
初期の段階では自覚症状がありません。
不正出血や下腹部痛や下腹部の違和感などがあります。
したがって違和感がある場合にはすぐに病院を受診するようにします。
またこの病気は急速に大きくなるという特徴があります。
子宮肉腫の場合には、急速に大きくなることがあります。
急速に大きくなるということは、この腫瘍が悪性である可能性が高いと判断することができます。
したがって摘出手術が行われています。

スポンサーリンク