子宮 肉腫 腫瘍マーカー 治療法

子宮肉腫と腫瘍マーカー、治療法

スポンサーリンク

子宮に関する病気はたくさんあります。
そのなかで初期の段階で自覚症状があるというようなものもありますが、中には自覚症状がないということもあります。
毎日の生活の中で少しでも違和感があるというような場合には、すぐに病院を受診して詳しい検査を受けるようにします。
これが早期発見につながり、早期治療をすることができます。
肉腫の場合には悪性腫瘍ということになるので、急速に大きくなって命に関わることも全くないとはいえません。
したがって十分な注意が必要になると考えられているのです。
子宮肉腫であるかどうかを確認するためには、病院の婦人科を受診するようにします。
ここではいくつかの検査が行われるようになっていますが、子宮体ガンに準じた検査が行われるようになっています。
具体的には細胞診であったり、組織や超音波検査やMRIやCTなどが行われるようになっています。
血液検査でLDH値が検査されるようになっていますが、これは腫瘍マーカーではありません。

スポンサーリンク

腫瘍マーカーではありませんが、子宮肉腫が進行すると共に値が上昇していくようになっています。
またこの病気はすでに子宮筋腫として発見されていることが多くなっています。
したがって経過観察が行われているということが多くなっています。
その腫瘍に関して良性であるのか、悪性であるのかをしっかりと判断しなければいけません。
このなかで腫瘍マーカーも一つの目安となっています。
気になるのが治療法です。
一般的には手術が行われるようになっています。
しかし症例があまり多いということではありません。
したがって確立された治療法がないというのが現状です。
一般的には子宮体ガンにあわせた治療法が行われるようになっています。
すべてを摘出するか、両側の付属器を摘出するということが行われています。
ここで必要であると判断された場合には、骨盤リンパ節なども摘出されるようになっています。
手術を行う際に担当医師からの説明がありますので、さらに詳しい情報を得ることができます。

スポンサーリンク