卵巣 子宮 摘出 後遺症

卵巣や子宮を摘出後の後遺症

スポンサーリンク

卵巣や子宮を全部摘出するような場合は、決して珍しくはありません。
具体的に挙げる例として、子宮筋腫や卵巣嚢腫、そしてがんがあります。
2点の臓器を同時期に摘出してしまうのは、今後のことも考えた対策として行われます。
子宮と卵巣は隣り合わせの位置にあり、似たような働きをしているために、どちらかを残してしまうといずれ残された臓器も悪化してしまうおそれが出てしまうからです。
しかし、摘出してしまった後は、後遺症が出てしまう可能性が考えられます。
悪い部分を取り除いたはずなのに、後遺症が出てしまう原因とはなんなのでしょうか。
それは、女性ホルモンが一気に減少してしまうために起こる症状です。
女性ホルモンを分泌しているのは卵巣です。
これが2つともなくなってしまうと、身体への影響が少なからず出てくるかもしれません。
反対に子宮は女性ホルモンの分泌には関係なく、ただ定期的な生理がなくなるだけです。
ただし、女性の象徴を失ったという精神的なショックは人によって大きくもあり、それがストレスを引き起こしてしまい、精神的に病んでしまう後遺症もありえます。

スポンサーリンク

身体的に出てくるかもしれない症状とは、更年期障害です。
これは閉経前後に見られる症状ですが、摘出によって女性ホルモンが減少した場合にも起こりえる症状です。
更年期障害はほてりや動悸、倦怠感やうつ状態などを引き起こしてしまいます。
女性ホルモンがそれまで一定に保たれていたために正常な状態が維持できていたわけですが、そのバランスが崩れてしまうと身体や精神にまで悪い影響が出てしまいます。
更年期障害を軽くするには、ホルモン療法が病院にて受けられます。
ホルモンのバランスを保つために、減少した状態を補っていく治療です。
定期的に受ける必要はありますが、この治療で後遺症に悩まされることもなくなります。
また、子供を望んでいる人にとっては、できるだけ子宮を温存する形で治療が行われます。
子宮が全部摘出されれば妊娠することは不可能になってしまうため、精神的な部分ができるだけ優先されるように対処してくれます。
そして、摘出後に気を付けておきたいことは他にもあり、乳がんに対する検診を定期的に受けていかなければいけません。
乳房は同じように女性ホルモンの影響を受ける部分でもあるので、それが1つ残されてしまうだけでも影響が集中してしまいます。
いずれも病院から忠告が出される場合も多く、希望をすれば後遺症に対する治療を受けることができます。

スポンサーリンク