子宮 着床 場所 子宮内膜 癒着

受精卵が着床しない時に子宮以外の場所で子宮内膜が癒着する症状

スポンサーリンク

月経時には、多くの方が月経痛を感じます。
非常に不快な症状ではありますが、月経痛を感じることには何ら心配はいりません。
しかし、月経の度に月経痛が増していく場合には、注意が必要です。
同時に月経困難や不正出血、経血過多、骨盤痛、頭痛、腰痛、吐き気などの症状がある方は、婦人科を受診することをおすすめします。
これらの症状を感じる場合には、子宮内膜症を発症している恐れがあります。
子宮以外の場所で子宮内膜が大きくなり、子宮内膜は体外に排出されません。
そのため、月経の度に癒着が進み、月経痛がひどくなっていきます。
正常な状態では受精卵が着床しないと、月経血として体外に子宮内膜は排出されます。
しかし、何らかが原因で受精卵が着床しなくとも子宮内膜が排出されないと、月経困難症が引き起こります。
癒着が進むと日常生活に支障をきたすほど症状が重くなるほか、鎮痛剤が効かなくなるほど重症化する方もいらっしゃいます。
早期に婦人科を受診し、治療を開始することが重要です。

スポンサーリンク

なぜ着床しなくとも子宮内膜が排出されないかは、原因が解明されていません。
ただし、発症しやすい場所は分かっており、内臓を覆っている腹膜やダグラス窩、卵巣などの場所に発症するケースが多く見受けられます。
特に卵巣にできるチョコレートのう腫を発症するケースが多く、不妊症の原因と考えられています。
閉経を迎えると自然と治癒していきます。
また、妊娠時や授乳期にも症状は大きく緩和することから、女性ホルモンが関係していると考えられています。
そのため、妊娠を希望している方の治療では、女性ホルモンをコントロールすることが一般的です。
チョコレートのう腫の場合には、手術を行うこともあります。
医師と相談しながら、適切な治療法を選ぶことが重要です。
放置するとますます月経時の症状が悪化していくほか、不妊症や卵巣がんの原因ともなります。
卵巣がんは早期発見が非常に難しい傾向があり、早期発見と早期治療が何より重要です。
月経時に違和感がなくとも、定期的に婦人科で検査を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク