子宮内膜症 安静 診断

子宮内膜症と診断されたら安静にしよう

スポンサーリンク

子宮内膜症とは、本来子宮の内膜を覆っている物資であり、これに酷似した組織が子宮内膜以外の場所に出来てしまう病気です。
また、子宮内膜は月経と共に増殖して行き、組織が剥がれて出血するのが月経です。
異常な場所にもまた、月経と共に組織がホルモンの影響を受けて正常な月経と同じ現象が起きます。
正しい場所に子宮内膜があれば、流れ出す血液は膣から外へ出て来ます。
しかし、異常な場所に出来てしまった場合には、組織や血液が体外に出られず、炎症や癒着が起きて痛みを感じるようになります。
子宮内膜症の主な症状は激しい生理痛であり、月経のたびに病巣が増殖して行くので、痛みはどんどん増して行きます。
この時に感じる痛みは、病巣が発生している場所や大きさ、癒着している場所や大きさ、癒着の度合いによって異なります。
このような状態になると、痛みを訴える人が多いですが、人によっては自覚症状が全くない人もいます。
原因はいまだ不明のままで、月経がある女性なら誰でもなる可能性がある病気です。
近年では患者数が増加しています。
そもそも子宮内膜症は、月経の回数が多いほど発症しやすくなっています。
ですから、妊娠や出産を望まない女性、閉経が早い女性、女性の初潮の年齢が下がって来ていることが発症率の低下を物語っています。

スポンサーリンク

また、子宮内膜症には環境ホルモンが影響しているとの説もあります。
この病気に罹るのは、主に30代の女性です。
近年では20代の女性にも増えて来ました。
この病気は安静にしていても治るものではありません。
しかし、普段と同じように活動したり、ストレスを溜めてしまうよりは、心も体も安静にすることが大切です。
検査に関しては、発生する場所や症状が人によって全く異なるため、診断確定をするには、極論として、手術をして病巣自体を見ることが出来れば診断確定を出来ます。
それだけでなく、一人一人の患者に適合する適切な治療を行うためには十分な検査と判断が必要になります。
具体的には、問診から始まって内診・直腸診・超音波検査・血液検査などを行い、それでも不十分な場合にはMRI検査やCT検査も行われます。
日本ではここまでの臨床診断がほとんどであり、腹腔鏡検査を行い、そこで病巣が見つかれば、そのまま切除手術が行われます。
治療法は主に薬か手術かの2択です。
不妊に悩んでいるなら不妊治療を優先しましょう。
病気の状態や症状、年齢、今後妊娠したいかどうかなどを医師と相談する必要があります。
さらに子宮内膜症は再発を繰り返すものなので、定期健診を受けるのを忘れないようにしましょう。
最後は腰痛との関係性です。
子宮内膜症になると腰痛を訴える人が多いです。
ですから、腰痛の痛み緩和のためには安静にすることが大事です。

スポンサーリンク