子宮 嚢胞 エコー

子宮嚢胞とエコー

スポンサーリンク

女性特有の病気というものがいくつかあります。
そのなかで子宮に関する病気もいくつかあります。
子宮内膜症という病気もその中の一つとなっています。
この病気の可能性がある場合には、病院を受診して検査を受ける必要があります。
病院では問診や内診が行われるようになっていますが、これ以外に行われる検査としては超音波検査があります。
CTやMRというような検査がありますが、これらはすべての病院にあるということではありません。
しかし超音波検査と呼ばれるエコーの場合には、個人医院でも用意されているところがほとんどです。
したがってエコーは比較的簡単に行うことができる検査となっています。
エコーはどのような仕組みとなっているのかというと、異物に当たると跳ね返ってくるというような反射波を使ってそれを映像化する画像診断法となります。
したがって超音波検査によって子宮や卵巣の状態をしっかりと確認することができるようになっています。

スポンサーリンク

この検査では子宮や卵巣の位置や大きさなどを確認をすることができるようになっています。
また内膜部分に異常があったり、筋腫があるかどうかなどを調べることができるようになっています。
嚢胞があるかどうかの確認もできるようになっています。
チョコレート嚢胞があるということになれば、超音波検査で発見をすることができるようになっています。
チョコレート嚢胞の場合には、超音波検査で発見をした後に大きさなども判断することができます。
したがって異常を感じた場合にはすぐに病院を受診するようにします。
超音波を使った検査方法は、腹部超音波法と経膣超音波法となります。
腹部の場合にはベッドに仰向けになって機械をお腹に当てて行うというようになっています。
ここで注意をしなければいけないことは、膀胱に尿がたまっているほうがしっかりと見えるということです。

スポンサーリンク