子宮内膜症 エコーでわかる

エコーでわかる場合もある子宮内膜症

スポンサーリンク

子宮内膜症とは子宮の内側を覆っている子宮内膜という膜が、子宮以外の場所に発生してしまうという疾患になります。
子宮内膜とは妊娠をした際に赤ちゃんのベッドとなる部分で、とても重要な役割を担う部分だという事が出来ます。
この子宮内膜はほぼ定期的に古い膜が体外へと排出されて、新しい膜へと交換が行われています。
これが月経と呼ばれる現象で、この現象がある事で常に新しく清潔なベッドに赤ちゃんを迎える事が出来るのです。
この子宮内膜が何等かの理由で子宮以外の場所に発生するのが子宮内膜症ですが、患部となる場所は実に様々となっています。
代表的な場所としては腸管や尿路等がありますが、それ以外にも胸膜や肺に発生してしまうケースもあります。
ちなみにこの疾患が発生する原因については大きく2種類あり、組織が変化するものと子宮内膜細胞が運ばれるものが挙げられます。
前者は女性ホルモン等の影響を受けて腹膜等が子宮内膜組織に変化する事、後者は月経血の逆流等で子宮内膜細胞が子宮以外へ運ばれる事です。

スポンサーリンク

子宮内膜症を発症した場合に現われる症状としては、下腹部痛や排便痛等が代表的な症状となっています。
それ以外にも患部が腸管や尿路の場合には下血が起きますし、肺等が患部となると喀血が起きる事もあります。
子宮内膜症の検査方法の代表的なものとしてエコーがありますが、エコーでわかる範囲には限界があります。
子宮内膜症を発症しているか否かならばエコーでわかる事が出来ますが、具体的な状態等を調べるのは難しい場合も少なくないです。
そのためエコーでわかる事が出来ない部分に関しては、MRI等を行なう事でより詳しく検査する事が出来ます。
子宮内膜症の治療方法に関してはいくつかありますが、代表的なものとしては薬物療法と手術が挙げられます。
薬物療法では低用量ピルを用いて治療を行ったり、月経期間中だけ鎮痛剤を処方する等の方法があります。
手術は患部となっている部分そのものを摘出するというもので、根治出来る可能性が高くなります。

スポンサーリンク