子宮内膜症 足の付け根 痛み

子宮内膜症で起こる足の付け根の痛み

スポンサーリンク

子宮内膜症は生理痛が昔と比べてだんだんと強くなってきたり、生理以外でも下腹部に痛みを感じるようになってしまいます。
人によってどの部分に症状が出てしまうのかはさまざまですが、足の付け根に痛みが出てくる人は多いです。
足の付け根とは、太ももと下半身の境目の部分に当たります。
子宮内膜症によって起こる痛みは、多少の違和感を感じる程度のものであったり、鈍痛のようなしつこさを感じてしまう場合もあります。
足の付け根の表面よりも内部に感じることが多く、足を動かしていない場合であっても症状は起きてきます。
子宮内膜症でなぜこの部分に症状が出てしまうのか、不思議に思う人も多いかもしれません。
しかし、よく考えると下腹部にかなり近い位置にあるので、決しておかしい症状ではありません。
子宮内膜症は下腹部を中心に、いろいろな部分に癒着や炎症を起こしてしまい痛みを感じてしまいます。
足の付け根は卵巣や卵管に近い部分でもあり、生理痛や排卵痛でもその部分で感じてしまうこともあるのです。

スポンサーリンク

足の付け根に痛みを感じてしまうと、足を動かすときにも支障を感じてしまうようになります。
症状を少しでも楽にしていくには、なるべくその部分を冷やさずに温めてあげるのがおすすめです。
入浴を毎日心がけたり、体を冷やさない服装に気を付けるだけでも対策につながります。
しかし、あまりにも症状がひどい場合は、治療を考えなければいけません。
症状の進行状況によっては治療内容も異なってくるため、医師の判断で最適な方法が取られます。
生理の回数を重ねるごとに症状が悪化していく可能性を防ぐために、一時的に生理をストップさせる治療も行われています。
これはピルによって生理周期の調整ができるため、服用を続けるだけで進行を防ぎます。
また、卵管に癒着が起きていれば、専用の液剤を卵管に流していき原因を取り除く治療法もあります。
その他には外科的な治療も行われますが、子宮内膜症は完治したとしても再発する可能性があります。
子宮内膜症は閉経するまで上手に付き合っていかなければいけない症状でもあり、そのためにはさまざまな対策が必要になってきます。

スポンサーリンク