子宮内膜症 不妊率

子宮内膜症の不妊率

スポンサーリンク

子宮内膜症にかかる人は、10人に1人という割合です。
20代から30代で発症する人が多く、重い生理痛の他にも、生理以外で腰痛や排便痛などを伴うこともあります。
しかし、人によって症状には差があり、軽い場合もあれば重い場合も見られます。
また、これによって不妊症になってしまう可能性も出てきてしまいます。
実際に子宮内膜症で悩んでいる人の約半数が、不妊症だと言われています。
子宮内膜症で不妊症になってしまう原因は、癒着によって起きる卵巣や卵管の機能障害で起こってしまいます。
ただし、症状の進み具合で不妊率は変わってきます。
軽い場合だと3年未満での妊娠が3〜4割とされ、重い場合では1割未満となります。
不妊率は症状が軽いか重いかでここまで違ってしまうため、不妊率が全て同じわけではありません。
子宮内膜症だと診断されたとしても、妊娠できないわけではないです。
たとえ症状が重い場合であっても、自然妊娠以外の不妊治療である程度の妊娠の可能性が広がります。

スポンサーリンク

症状によって不妊率が変わってしまう原因は、卵巣や卵管の機能障害がどの程度であるかで妊娠への道が決まってしまうからです。
本来、生理のときは子宮から剥がれ落ちた血液が膣から出血されますが、なぜが卵巣や卵管などの部分で留まってしまいます。
そこから癒着が始まってしまうため、卵巣にできたチョコレート嚢腫や卵管の詰まりを起こしてしまうのです。
卵管は2つあるので、どちらか片方が詰まっていたとしても、もう片方が詰まっていないのであれば卵子や受精卵は無事に通れます。
しかし、両方とも完全に詰まっていたり、卵巣も同じく2つとも機能障害を起こしていれば妊娠も難しくなってしまいます。
このような状況があるため、不妊率が異なってくるのです。
子宮内膜症によってあまりにも強い痛みや不妊が続く場合は、治療に取り組むことができます。
ピルを一定期間服用していく治療法や、癒着そのものを取り除く腹腔鏡手術も効果的です。
これらは不妊治療専門の病院でも行われているため、不妊で子宮内膜症に疑いがある場合は、本格的な検査や治療が受けられます。

スポンサーリンク