子宮内膜症 不正出血 止まらない 症状 治療法

子宮内膜症で不正出血が止まらない症状の治療法

スポンサーリンク

子宮内膜症とは子宮の内側を覆っている膜と同じもしくは似た組織が、子宮以外の場所に発生するという疾患になります。
子宮内膜とは妊娠をした際に赤ちゃんのベッドの役割を果たす膜の事で、妊娠をした際に重要な役割を担います。
この膜は定期的に古い膜が体外へと排出されて、新しい膜へと交換する作業が行なわれます。
こうする事で妊娠をした時に常に新しく清潔なベッドに、赤ちゃんを迎える事が出来るのです。
この子宮内膜が何等かの理由で他の場所に出来てしまうのが子宮内膜症ですが、患部となる場所は実に様々です。
代表的な場所としては卵管や腸管等があり、中には肺や胸膜に発生してしまうケースもあります。
子宮内膜症が発生する原因については大きく2種類あり、組織が変化してしまうというものと子宮内膜細胞が子宮以外へ運ばれるというものです。
前者の組織が変化するというのは女性ホルモン等の影響を受ける事で、腹膜等が子宮内膜に似た組織になってしまう事を言います。
後者の子宮内膜細胞が運ばれるというのは、月経血が逆流した際等に月経血に含まれる子宮内膜細胞が腹膜等に運ばれるというものです。

スポンサーリンク

子宮内膜症を発症した場合に現われる症状としては、下腹部の痛みや排便痛等が代表的な症状となっています。
それ以外にも不正出血が止まらないという症状が現われる人もいますが、この止まらない不正出血は患部の位置と深い関わりがあります。
子宮内膜症が発生した場所は子宮内膜と同じ働きをするので、月経の時には子宮と同じように出血が起こります。
この出血が体外へ出る事が出来ないと体内に留まりますが、卵管等が患部の場合には不正出血となる事があるのです。
そのため不正出血が止まらない場合には、速やかに病院を受診して診てもらうのが望ましいと言えます。
子宮内膜症の治療法についてはいくつかの方法があり、医師が診察をした上で治療法が選択されます。
中でも代表的な治療法としては低用量ピル等を用いる薬物療法や、患部そのものを摘出する手術等があります。
薬物療法は根治出来ない場合も少なくなく、手術の場合には内容によっては手術後の妊娠が難しくなる場合もあるとされています。
そのため担当医師ときちんと相談をして、具体的な治療法の選択を行なう事が大切だと言えます。

スポンサーリンク