チョコレート嚢胞 腹水 対処方法

チョコレート嚢胞が原因の腹水の対処方法

スポンサーリンク

月経の痛みが徐々に強くなっていたり、月経以外でも下腹部の痛みがある方は、子宮内膜症の可能性があるかもしれません。
子宮内膜症は、本来子宮内膜で行われる内膜の剥がれと生成を子宮以外の他の場所で行ってしまうものです。
例えばこれが卵巣で行われた場合、経血を外に排出できていないので、剥がれた内膜と血液が卵巣の中に溜まってしまいます。
これがチョコレート嚢胞と呼ばれているものです。
チョコレートのように赤黒く丸い見た目から、そのように呼ばれているようです。
このチョコレート嚢胞は、不妊症の原因となるだけではありません。
月経を繰り返す度に、徐々に大きくなるので生理痛がひどくなったり、他の臓器と癒着して腹水が溜まることもあります。
人によってはチョコレート嚢胞が10センチ以上になる方もいらっしゃるようですが、5センチ以上の場合ではチョコレート嚢胞が破裂する確率も高くなります。
早めの対処方法が必要です。
生理以外の下腹部痛には注意して、おかしいと思ったら早めに婦人科を受診した方が良さそうです。
その人に合う対処方法があります。

スポンサーリンク

先ほどお話したようにこれは、大きくなりすぎると破裂の恐れがある為、摘出や腹水を抜くなど早めの対処方法が必要ですが、チョコレート嚢胞が大きい場合の対処方法としては、手術が選択される場合が少なくありません。
その時に腹水も抜かれますが、チョコレート嚢胞はまれに癌化していることもあるので、その対処方法としては癌細胞の有無を腹水の検査ですることになりそうです。
また、チョコレート嚢胞が小さく、腹水もない場合の対処方法としては、妊娠が優先される場合も少なくないようです。
妊娠中は月経がないので、嚢胞があってもそれ以上大きくならないからです。
うまくいけば、それが小さくなったり分娩時に排出されることもあるかもしれません。
チョコレート嚢胞や腹水が溜まっていることに気がつかない方としては、普段長い間骨盤の後ろ辺りに痛みがあるのを、ただの腰痛だと思っていたり、お腹がでてきたのは太ったせいだと思って婦人科を受診しない方のようです。
臓器の癒着や腹水が溜まる前に早めに受診をして下さい。

スポンサーリンク