チョコレート嚢胞 小さくなる 方法

チョコレート嚢胞が小さくなる方法

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞とは、子宮内膜症の症状が悪化してしまった場合に起こる可能性があります。
生理で起こる出血は子宮内膜が剥がれ落ちたものですが、これがなぜか卵巣にとんでしまい、卵巣に増殖してしまいます。
これをチョコレート嚢胞と言い、どんどん溜まり続けて大きくなってしまうこともあります。
チョコレート嚢胞ができてしまうと、強い生理痛や卵巣がん、そして不妊が予想されます。
このために卵巣を摘出する事態にもなりかねないので、チョコレート嚢胞を放置してしまうのは避けなければいけません。
しかし、チョコレート嚢胞はときに小さくなることもあります。
これは人によりますが、経過観察を続けていると以前と比べて小さくなったという人も少なからずいるのです。
そして、治療で小さくなる効果も期待されます。
外科的な手術をしなくても小さくなる可能性があるのならば、その方法を試していった方がいいかもしれません。
ただし、小さくなる可能性はその人の体質や病状にもよります。
その方法に頼るだけではなく、治療を受けながら対策を行っていくのが大事です。

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞が小さくなる方法には、普段の生活を見直していく対策が挙げられます。
まずは食生活を見直すようにし、体を冷やさない食べ物を極力避けていく方法が適しています。
夏野菜などもそうですが、砂糖を使った菓子や乳製品、飲料もよくありません。
動物性たんぱく質を取り過ぎてしまうのも控えていきたいので、低カロリーな和食中心の食事がおすすめです。
特にご飯は玄米にしたり、体を温める根菜類や血流改善に効果のある食材を積極的に食べていく方法が健康的です。
婦人科系の疾患は、血行不良や冷えが原因となる場合もあり、気を付けなければいけないのです。
その他にも、免疫力をアップさせる方法も効果的です。
免疫力が高いとさまざまな病気を治す力があるとされています。
また、ストレスや運動不足は免疫力の低下につながってしまうため、それらを改善する意識も必要です。
そして直接的な医療では、ピルの服用がチョコレート嚢胞が小さくなる対策として治療が行われています。
一般的に、卵巣の働きを止めてチョコレート嚢胞を大きくさせないために行われるのですが、これが小さくなる効果を発揮することもあるのです。
以上のような方法を行っていくようにすれば、小さくなる可能性もないとは言えません。
食生活や免疫力の向上は身体的にもいい方法となるので、日頃から意識して行っていくといいでしょう。

スポンサーリンク