子宮内膜症 ピル やめる

ピルをやめると子宮内膜症が再発するのか

スポンサーリンク

子宮内膜症は、子宮に出来るはずの内膜が子宮以外の場所で作られることことをいいます。
子宮以外に内膜が作られてしまうと、生理の時に激しい痛みを伴うことが多いです。
中には起き上れないほどひどい子宮内膜症になっている女性もいます。
子宮内膜症の治療方法の一つとして、ピルの服用があります。
ピルというと、避妊方法の一つとして挙げられることがあります。
しかし、基本的には体のホルモンバランスなどを整え、生理に異常が来ないようにコントロールしてくれる、大切なアイテムです。
ピルを服用することによって、生理時の痛みが減ったり、排卵を制限してくれたりなどの効果があります。
なお、ピルを服用している時は排卵が抑えられている状態なので、妊娠しづらい状況になります。
また服用する量は、低用量のものを服用することが多いです。
中用量のものを使用すると、副作用が出ることがあります。

スポンサーリンク

ピルは服用し続けることが大事ですが、症状が出ていないと服用を疎かにしがちです。
しっかりと一日に必要な量を継続して服用して、体の調子を整えるのが大切です。
体の調子が良くなると、服用をやめる人がいますが、勝手な判断でやめるよりも、医師と相談してやめることのが良いです。
服用をやめた後の生理で痛みが再発したら、子宮内膜症が完全に治りきれてない状態です。
服用をやめて症状が出なければ、治っている可能性は高いです。
このように、自分で勝手に判断すると、再発する可能性が高くなってしまいますので、まずはかかりつけの医師と相談することが必要です。
なお子宮内膜症は、妊娠をすることにより症状が改善することが多いとされています。
妊娠でしばらく生理が来ずに排卵機能を止められるので、体が休められ、症状を改善する良い機会です。

スポンサーリンク