チョコレート嚢胞 手術後 妊娠率

チョコレート嚢胞の手術後の妊娠率

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞は、卵巣内で子宮内膜の組織が嚢胞を形成している状態です。
チョコレート嚢胞自体は、良性ですが、場合によっては嚢胞が破裂してしまう可能性があるなど、危険を伴う可能性もあります。
チョコレート嚢胞がある場合でも、自然妊娠をすることが出来た人もいますが、多くの場合はチョコレート嚢胞があることで、妊娠率が低くなることが多いと言われています。
嚢胞に対する治療を受けないまま、妊娠を希望するという場合、嚢胞が大きくなり破裂したり、癌化するリスクが高くなりますので、嚢胞の大きさによっては、手術が推奨されることがほとんどです。
妊娠を希望するという場合には、卵巣からチョコレート嚢胞飲みを取り除くという手術がありますが、手術後の投薬治療を行っている間には妊娠することが出来ないため、自然妊娠を諦めるというケースもありますので、手術後の妊娠を望む場合にはあらかじめ医師としっかりと話し合うことが大切になります。

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞がある場合の妊娠率はそうでない人に比べて低くなるとされています。
手術で嚢胞を取り除いた場合には、妊娠率が高くなると期待されています。
チョコレート嚢胞の治療法としては、アルコール固定術という方法があります。
この方法では、手術後の再発率が8割近くあることや卵巣周囲の癒着が見られることも多いため、体外受精の採卵を行う時に限定して行うべきとも言われています。
嚢腫の摘出手術後には、自然妊娠率は高まる可能性がありますが、その一方で治療法によっては再発のリスクも高まります。
そのため、手術後には自然妊娠を期待するよりも体外受精などを行ったほうが妊娠率を高めることが出来る可能性があります。
妊娠率を高めるためには、バランスの取れた食事や規則正しい生活習慣を心掛けるとともに、ストレスを抱えないようにするということも大切になります。
手術前には、手術後の生活についてもしっかりと医師と話し合うようにしましょう。

スポンサーリンク