チョコレート嚢胞 妊娠 治る

チョコレート嚢胞は妊娠で治るのか

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞というものがあります。
これは、子宮内膜症の一種だと言われているものです。
これはいったい何なのかということもありますし、妊娠すると治るとも言われています。
これはいったいどういうことなのでしょうか。

 

 

【チョコレート嚢胞について】
チョコレート嚢胞というのは、卵巣内に出来る子宮内膜症が増殖と剥離を繰り返したものです。
これによって、卵巣に血が溜まって溶けたチョコレートのようになるのです。
それがあって、チョコレート嚢胞と呼ばれているのです。
これが出来ることによって、排卵が起こりにくくなるわけですが、それこそが子供ができないことの原因と呼ばれているのです。
癒着することによって卵管の動きも悪くなってしまい、卵子の取り込みや卵子の移動などを妨げるなどによって子供が出来るのを妨げるわけです。

 

スポンサーリンク

 

【チョコレート嚢胞は妊娠で治るのか】
ここで気になることがあるのですが、チョコレート嚢胞は妊娠で治ると言われています。
そうであれば、一度でも妊娠できればチョコレート嚢胞が治るということですが、実際には治るというわけではないとのことです。
子宮内膜症は、妊娠出産期間には生理がとまることもあって、正確には妊娠で治るのではなくて、病気に対するリスクが減るという考えが正しいと思われます。
また、妊娠中にはプロゲステロンが大量分泌されるため、子宮内膜症の状態がよくなる可能性が高いとされているのです。

 

 

【子宮内膜症は治るのか】
子宮内膜症は治癒するのかということですが、これは手術を受けることで治るでしょう。
病気の原因になるものを全て除去してしまう方法もありますし、妊娠の可能性を残せるような保存的な手術もあります。
どちらを選ぶかは患者さん次第になります。

 

 

チョコレート嚢胞は妊娠で治るのかというと、それはそういうわけではないということは知っておきたいところです。
結局のところ、きちんとした治療をしなければ駄目ということですから、十分に気をつけたいところです。

スポンサーリンク