チョコレート嚢胞 手術後 生理

チョコレート嚢胞の手術後の生理について

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞は、子宮内膜症が卵巣に発生したものです。
これは、良性の疾患なのですが、破裂することもありますし、卵巣がんの元になる可能性があるため、出来るだけ治療を行うのが望ましいのです。

 

 

【チョコレート嚢胞になる原因について】
これは原因については色々と考えられているのですが、確定はしていません。
女性特有の月経が関係していると言う説が有力です。
近年ではライフスタイルの変化によって、子宮内膜症が増加していることもまた原因のひとつだと言われているのです。

 

 

【チョコレート嚢胞での症状】
一番強い症状は月経痛とされていろい、回数を重ねるごとに強くなるのです。
卵巣が5センチから6センチ程度になると破裂する恐れがありますから、早期の手術が必要になります。
心配かもしれませんが、手術後はちゃんとしたケアがありますから安心です。

 

スポンサーリンク

 

【気になる手術後】
チョコレート嚢胞は生理による影響が大きいとされています。
生理によってチョコレート嚢胞は大きくなるとも言われていますから、手術後の経過はやはり気になるところでしょう。
いったん治療が完了したとしても、また生理の影響でチョコレート嚢胞が出来てしまうのではないかというところです。
これは、手術の方法によって心配の度合いは変わるでしょう。
要するに子宮ごと因子を取り去ってしまうか、手術後の自然妊娠の可能性を残すのかということです。
子宮丸ごとを除去してしまえば、子宮内膜症になる心配もなければ、生理がくることもありません。
ですから、手術後は何も心配はいりません。
保存するのであれば、生理は来るでしょうし、患者さんの7割が自然妊娠が可能なのです。
再発の防止のために、黄体ホルモン療法と呼ばれるものを受けることもできますから、生理がきても安心できるということです。

 

 

チョコレート嚢胞は、普通に命の危険にさらされる可能性がある病気なのですが、今の時代ではきちんと手術の方法も手術後のケアも確立されているということです。
ですから、安心して手術を受けるようにすると良いでしょう。
手術後の生理に関しても心配はいりません。

スポンサーリンク