チョコレート嚢胞 卵巣癌 治療方法

チョコレート嚢胞は卵巣癌になる?その治療方法

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞はその多くは良性の腫瘍です。
しかし、一部のチョコレート嚢胞は悪性化し、卵巣癌になることもあります。
そのため、チョコレート嚢胞だからと言って、油断することは危険です。
そもそも、チョコレート嚢胞は、子宮内膜症が悪化することで起こります。
月経時の血が卵管を逆流し、卵巣内に侵入すると卵巣で子宮内膜症の組織が成長し、チョコレートのようにドロドロとして古い血液が卵巣内に溜まり、嚢胞となります。
チョコレート嚢胞から発生した卵巣癌には、リンパ節に転移しやすいことが多くあり、発見された時には治療が難しい状態にまで進行しているという事も少なくはありません。
近年、若い世代に増えてきている卵巣癌のタイプであると言われています。
チョコレート嚢胞を悪化させないためには、早期発見・適切な治療方法で治療を受けるということが大切になります。
月経痛が重い、骨盤痛などの症状が見られる場合には、早めに婦人科を受診する様にしましょう。

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞の治療方法は、嚢胞の大きさによっても異なります。
嚢胞が直径5cm以上である場合の治療方法は、基本的には手術で摘出するという事になります。
手術では嚢胞のみを摘出する治療方法と卵巣も摘出する方法があり、年齢や出産を希望するか否かによっても治療方法は異なります。
嚢胞が卵巣癌になっている場合の治療方法としては、手術・薬物療法などを組み合わせて行うのが一般的です。
卵巣癌は、早期発見しても再発のリスクが高いとされており、手術をして卵巣癌を取り除いても再発を防ぐために抗癌剤による治療が必要となります。
適切な治療方法については、一人ひとりの希望や状態により異なります。
治療を開始する際には、効果やリスクなどをしっかりと医師と話し合った上で、希望に合ったものを選ぶようにしましょう。
医師に全てを任せるということは、後々後悔する可能性もありますので、しっかりとコミュニケーションを取りながら治療を進めましょう。

スポンサーリンク