チョコレート嚢胞 吐き気 対処方法

チョコレート嚢胞での吐き気の対処法

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞と呼ばれるものを知っているでしょうか。
子宮内膜症の一種のようなものこそがチョコレート嚢胞なのです。
こうなると、月経痛が強くなることがありますし、卵巣がんになる可能性すらあるのです。
ですから、早めの診断に対処が求められます。

 

 

 

【チョコレート嚢胞はどんなものなのか】
チョコレート嚢胞そのものは良性の疾患です。
ですが、再発の可能性、そして悪性に変化する可能性すらあるため、定期的な検査が求められます。
チョコレート嚢胞は、子宮内膜症が卵巣の内部に出来たもののことを言います。
チョコレート嚢胞になった場合、月経のたびに出血するわけですが、卵巣にその血が溜まってしまうために嚢胞が出来るのです。
その色がチョコレートのような色のため、そのように呼ばれているというわけなのです。

 

 

【チョコレート嚢胞の症状】
チョコレート嚢胞は、月経痛、骨盤付近の慢性的な痛みなどがあります。
更には患部の破裂による激痛が起こることもありますし、不妊の原因にもなる可能性があります。
更には吐き気が出るという人もいるのです。
この吐き気が出るのは、胃に対して正常でない力が加わってしまうことが原因となります。
吐き気の症状に加えて嘔吐が起こることもあるのです。

 

スポンサーリンク

 

【チョコレート嚢胞の吐き気の対処法は】
吐き気の対処法についてですが、身体を温めるなどの対処法が有効だと言われています。
具体的な対処法としては、重ね着をするのも良いですし、カイロを貼ることも有効な対処法だとされているのです。
更には、漢方薬を飲んで身体を暖めるというのも、有効な吐き気への対処法だとされているのです。
どうしても吐き気が収まらないというのであれば、病院に相談するのが好ましいでしょう。

 

 

病院においては、薬物療法、あるいは手術で取り除く方法があるのです。
ホルモン療法という対処法も選択できます。
それによって改善される可能性もあります。
色々な手段を医師に提案してもらうのも良いでしょう。

スポンサーリンク