チョコレート嚢胞 手術 費用

チョコレート嚢胞の手術での費用

スポンサーリンク

女性の卵巣の病気にチョコレート嚢胞と呼ばれるものがあります。
これは手術を行うものなのですが、その際にかかる費用がどのくらいなのかという点は気になるところでもあるでしょう。
このチョコレート嚢胞の手術について紹介します。

 

 

【チョコレート嚢胞の手術について】
チョコレート嚢胞の場合には、腹腔鏡下手術と呼ばれるもの、そして開腹手術の2種類があります。
前者は腹腔鏡と呼ばれるものを使って小さな穴をおなかに開けてチョコレート嚢胞の摘出を行うのです。
再発のリスクがあること、正常な卵巣も摘出してしまう可能性があるということです。
開腹する場合についですが、再発率が高いこともあり、卵巣がんを合併する可能性があるため、開腹することによって取り出すこともあるのです。
子宮を全摘出することもありますし、卵巣と卵管だけ摘出する方法もあるのです。

 

 

【入院期間はどのくらいか】
開腹の場合、チョコレート嚢胞の場合は大体7日から10日程度になります。
腹腔鏡下手術の場合ですと、5日から7日くらいの入院期間が見られます。

 

スポンサーリンク

 

【費用はどのくらいか】
チョコレート嚢胞の手術ですが、どのくらいの費用になるのでしょうか。
これに関してですが、術式によってもそうですし、どのくらい入院するのかによっても変わってくるのです。
保険適用の対象になりますから、自己負担の金額は15万円から20万円程度になることが多いと言います。
更に、高額医療費の払い戻しも受けることが出来るわけです。
よって、費用の負担はかなり少ないと言えるでしょう。
ちなみに、費用もそうなのですが、チョコレート嚢胞の手術を受けた後は妊娠できるのかということですが、子宮を全摘出していなければ妊娠は可能です。

 

 

チョコレート嚢胞に関しては、現実的な費用ということもあって、余裕があれば十分に手術できるところがあります。
下手をすると症状がよくない方向に進む可能性がありますから、症状が危ないと思ったら即対処をしてしまうのが良いでしょう。
費用については医師に問い合わせてみるのが良いでしょう。

スポンサーリンク