チョコレート嚢胞 手術 入院期間

チョコレート嚢胞の手術による入院期間

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞と呼ばれる疾患があります。
この病気は、俗に言う子宮内膜症の亜種と言ったらよいでしょうか。
卵巣に出来る子宮内膜のことで、症状によっては手術をした方が良いものです。
それでは、実際に手術をした場合、どのくらいの入院期間になるのでしょうか。

 

 

 

【チョコレート嚢胞の手術をしたときの入院期間】
チョコレート嚢胞の手術を行う方法は2種類あります。
まずは腹腔鏡下手術と呼ばれるものです。
これは、おなかに小さな穴を開けることからスタートします。
そして、腹腔鏡と呼ばれる小さな穴からからだの中を見て、チョコレート嚢胞の摘出を行うものなのです。

 

 

この方法で行くと痛みがすくないこと、そして、回復も早いということもあって、この方法が人気が出てきているのです。
ただし、再発する可能性があることと、正常な卵巣お摘出対象になってしまっているということです。
この手術の入院期間は大体5日から7日くらいとなっています。

 

スポンサーリンク

 

【開腹手術の場合の入院期間について】:
チョコレート嚢胞というものは、ちょっとでも残っていると再発する可能性があります。
更に卵巣がんを合併することもあるのです。
ですから、チョコレート嚢胞が大きな場合、高齢者の場合は開腹手術を行って摘出する場合おあるのです。
この開腹手術ですが、根治療法でもある子宮全摘出、あるいは卵巣と卵管だけを摘出する方法とがあります。
根治療法は子供を希望しない場合において、選択をする場合があると言うことです。

 

 

入院期間はと言うと、開腹するの方が入院期間は7日から10日ほどと長くなることが多いのです。

 

 

【費用はどのくらい?】
費用ですが、保険適用があって15万円から20万円程度と思っておいて良いでしょう。
ただ、総額に関しては病院や内容、入院期間によって異なります。

 

 

チョコレート嚢胞はとても大変なもので、入院期間中はとても大変でした。
今後もまた、道に迷いそうなとこきもあるでしょうから、そういう時はどうぞ彼の力になってあげて欲しい。

スポンサーリンク