子宮 大きい 病気 原因

子宮が大きい原因は婦人科系の病気?

スポンサーリンク

産婦人科や婦人科の内診で、「子宮が大きい。」と医師から言われる場合があります。
これを気にしてしまう人もいますが、この場合ではもともと子宮自体が大きいのか、それとも何かが原因で大きくなってしまったという2つにわかれます。
もともとそれ自体が大きいのであれば特に問題ないようですが、ただ、婦人科系の病気にはかかりやすくなる注意点はあります。
反対に何かが原因で大きくなった場合では、これは婦人科系の病気で大きくなってしまったと疑われます。
その疑われる病気には、まず子宮筋腫が挙げられます。
これは子宮内膜に腫瘍ができてしまい、人によってはそれが大きくなったり複数できたりすることもあります。
30代の女性の3人に1人は疑いがあるとされており、女性にとっては身近な病気です。
これができてしまうために、全体的に大きい原因となってしまいます。
疑いのある症状には、生理の出血量が多く生理痛がひどいなどが見られます。
良性の腫瘍になりますが、不妊や生理痛をひどくさせてしまう原因にもなるので放置してしまうのは危険です。

スポンサーリンク

次に考えられる病気では、子宮腺筋症です。
通常は子宮内膜は内側にできますが、それが外側の筋肉の部分にできてしまうようになります。
これも出血量や生理痛がひどく、30代以降の出産や中絶経験者に多いと言われます。
ただ、症状はかなり激しいものとなるので、本人にとっては耐え難い苦痛となります。
我慢をせずに早めに病院で診てもらわなければいけません。
そして、20代からでも目立つ子宮内膜症も大きいと言われる原因の1つです。
子宮内膜がなぜか卵巣に移ってしまい、卵巣の働きを阻害してひどい生理痛をもたらします。
癒着が起こるために不妊の原因ともされ、ひどい場合は手術や卵巣の働きを止める治療を受けていく手段も必要です。
こうした病気が原因となり、大きい状態へとなってしまうのです。
もし医師から大きいと指摘された場合は、日頃の症状と照らし合わせて疑っていくことも必要です。
経過観察で問題ないと言われたとしても、病気は進行していく場合もあります。
状態を悪化させないためにも、定期的に診てもらった方がいいでしょう。

スポンサーリンク