子宮筋腫 髪の毛 経皮毒

子宮筋腫の髪の毛は経皮毒?

スポンサーリンク

子宮筋腫は摘出する必要があるものですが、その手術を受けたときに摘出された子宮筋腫に髪の毛が混じっていることがあります。
これはどうしてなのでしょうか。

 

 

【子宮筋腫で髪の毛がある理由】
そもそも、食べ物に髪が混ざっていたとしても、それが子宮に行く理由はどこにもありません。
髪の毛が食べ物に混ざっていたとしたら、まず気がつくはずなのです。
考えられることは、髪の毛ではないということの他、さまざまですが、結局中身は分からないというところなのです。

 

 

【子宮筋腫で髪が混ざるのは珍しくない】
子宮筋腫において、髪の毛が混ざるというのは決して珍しいことではないということです。
ちなみに、筋腫に髪が混ざった場合は、芳香性の液体と一緒に出てくるとのことなのですが、それは実はシャンプーであると言うのです。
そしてそれは時に経皮毒と呼ばれることもあるのです。

 

スポンサーリンク

 

【シャンプーが混ざるのはなぜ?】
シャンプーには有害な物質が多数含まれているのです。
それは髪の毛を洗った時に人体に吸収されるわけです。
そして、それが全身に巡られていくのですが、それは15分とかからないとのことなのです。
その毒素は経皮毒と呼ばれるものなのです。
この経皮毒は、人体に蓄積される種類の毒なのです。
そして、この経皮毒という毒素は血液中を巡って子宮に到達するのです。
そしてそこにたまるわけです。
当然ですが、この経皮毒がたまっていくことによって、最終的には子宮筋腫という存在になるわけです。
そして、シャンプーは最終的にホルモンに対して影響を与え、不自然に発達することによって髪の毛や骨になるのです。
だから、シャンプーと髪の毛が混ざって出てくるということです。
髪の毛ということですが、それ以外のものの可能性も当然あるということです。

 

 

子宮筋腫には、経皮毒の影響でこうしたような物体が混ざっていることがあるというのを知っているだけでも、実際に見たときの気分を和らげることができるのではないでしょうか。
何よりも、人体には経皮毒をはじめとして、まだまだ不思議がたくさん詰まっていると言えるでしょう。

スポンサーリンク