子宮 卵巣 摘出 病気

子宮や卵巣の摘出が必要になる病気とは

スポンサーリンク

子宮内膜症という病気があります。
このような病気を診断されたときには、しっかりと治療をする必要があります。
月経痛が重いと言うことがあったり、月経の量が多いと感じることがあります。
このような場合は何らかの異常が発生していると考えることができます。
月経痛が強いという状態を、月経困難症と呼んでいます。
月経の量が多いという状態を月経過多症と呼んでいます。
これらははっきりとした原因がわかっているときとわかっていないときがあります。
はっきりとした原因がわかっている時を器質性と呼んでいます。
わかっていない場合は機能性と呼ぶようになっています。
このような症状を引き起こす病気があります。
それが子宮内膜症ということになります。
完治させるためには子宮や卵巣を摘出する必要があります。
このように卵巣を摘出すると言うことになりますが、その後の生活に大きな影響を与えることになるので、慎重に考える必要があります。
医師としっかりと治療法について考えるようにします。

スポンサーリンク

子宮内膜症という病気がありますが、これは子宮の内膜細胞が別の場所で増殖する病気となっています。
症状が悪化すると骨盤全体が癒着を引き起こす可能性もあります。
良性疾患となっているので、症状が気にならない場合は経過観察が行われるようになっています。
しかし症状が悪化すると、原因疾患に対して薬物療法や手術療法が行われます。
子宮筋腫という病気がありますが、筋腫が大きくなり過ぎたり、周辺の臓器を圧迫するような場合は手術で子宮を摘出することがあります。
また、卵巣腫瘍という病気がありますが、これに関しては治療法として卵巣摘出が行われることがあります。
症状にあわせて治療法が考えられていますが、良性腫瘍の場合には温存するのが原則です。
しかし悪性腫瘍の場合の治療法は卵巣摘出が行われています。
卵巣摘出によって、症状が悪化するのを防ぐことができます。
このように婦人科系の病気にはいくつかの治療法があります。
症状にあわせて治療法を選ぶことで、生活の質を向上させることにつながります。

スポンサーリンク