子宮 壁厚い 病気 原因

子宮の壁厚い病気の原因

スポンサーリンク

子宮の壁厚いというような症状が現れることがあります。
ここにはいくつかの原因が考えられていますが、次のような病気が関係していると考えられています。
子宮の壁厚いというときには、子宮内膜増殖症という病気の可能性があります。
これは女性特有の病気となっています。
病院を受診してしっかりと病気の特定をする必要がありますが、受診するのは婦人科や女性外来と言うことになります。
子宮の壁厚いという症状が代表的なものとなっていますが、子宮内膜が非常に厚くなるという特徴があります。
単純性や混合性や異型という3つに分類することができます。
異型に関しては、子宮体ガンという病気の前兆であると考えられています。
したがって十分に注意をする必要があります。
壁厚いということになりますが、どのような症状が現れるようになっているのかというと、月経の量が多く、レバーのような塊が発生するというようなこともあります。
激しい月経痛を伴うこともあります。

スポンサーリンク

この病気の原因となっているのは次のようなことです。
壁厚いという症状が特徴となりますが、女性ホルモンのバランスが偏っているということが大きな原因です。
月経の際に子宮内膜が上手にはがれずに、何重にも重なると言うことが原因で壁厚いという症状が現れるようになっています。
したがって原因を取りのぞくために治療をすることが必要になります。
単純性や混合性に関しては、低用量ピルを服用するようにします。
内膜の掻爬手術という方法もあります。
これでしっかりと原因を取りのぞくことができます。
症状が軽い場合は経過観察と言うことになります。
異型は癌に移行する可能性もあるので、年齢によっては子宮の全摘出が行われることもあります。
癌に移行する可能性もあるので、いつもよりも月経の量が多いと感じたときには、早めに病院を受診するようにします。
ここで内膜の厚さや異型細胞がないかどうかをしっかりと検査することが必要になります。
これで治療をすることができます。

スポンサーリンク