子宮 大きい 不妊 治療法

子宮が大きい時と不妊の治療法

スポンサーリンク

子宮が大きいということがあります。
子宮の大きさには個人差がありますが、子宮が大きいということが不妊や流産を引き起こす可能性もあるので、しっかりと対処をする必要があります。
子宮が大きいということを、妊娠検査や子宮癌検診で言われることがあります。
定期検査などの腹部エコーなどで発見されることがありますが、何か大きな病気が関係しているのではないかと非常に心配になってしまいます。
この検査で普通よりも子宮が大きいということが発見されることがあります。
毎月の生理や妊娠や出産と大きな関係がある子宮となっていますが、子宮が大きいことが、何か影響をしているのか心配になります。
大きいときに考えられる原因は次のようになっています。
それは遺伝であったり、病気が関係していることもあります。
この中にできた筋腫などが原因となっている可能性もあるので、病気が疑われる場合にはすぐに検査を受けるようにします。
筋腫に関しては女性の4人に1人がかかる可能性があるので珍しいものではありません。

スポンサーリンク

不妊や流産の原因となってしまうこともあるので、適切に治療を行うことが必要になります。
不妊を引き起こさないためにはしっかりと治療をする必要があります。
とくに妊娠を希望している人は、これが原因となって不妊に悩まされるということもあります。
不妊にならないためには次のような治療法があります。
基本的に良性の腫瘍と言うことになっているので、すぐに治療法を行わなければいけないということはありません。
したがって経過観察が行われることが多いです。
しかし明らかに筋腫が大きいという場合には、治療法として手術が行われています。
手術は筋腫だけを切除するという治療法と、すべて摘出するという治療法があります。
これは筋腫の状態や将来妊娠を希望するというような状況によって治療法が選択されています。
必ずしも不妊の原因になるということはありませんが、妊娠中は赤ちゃんに影響することを考えて、手術などは行われないようになっています。
いずれにせよ、異常を感じたら、直ちに病院を受診して、適切な治療を受けるようにすることが大切です。

スポンサーリンク