10代 子宮 病気 症状

10代でも考えられる子宮内膜症という病気の症状

スポンサーリンク

生理イコール痛みと思っている人はいませんか。
みんながそんなに云うから痛いのは当たり前で、このつらい痛みを我慢して生活をみんなが体験していると考え、つらい生理痛を薬を服用したりしてこらえている人が多いと聞きます。
あまりに重度の生理痛は別の病気の場合もありますので注意が必要です。
子宮内膜症も痛みの原因の一つです。
まさか10代ではならないでしょうと思われるかもしれませんが、昨今は10代後半の女性でもこの病気が見つかる事があります。
体の発達が早くなり若年層の10代においても生理のくるのが低年齢化しているというこの世の中ですので、病院へ行かずに苦しんでいる子供の中には、子宮内膜症を患っている子供もいるかもしれません。
子宮内膜症とは、月経血の逆流などが原因となり発生する病気です。
20代から30代の女性が多かったのですが、医療の進歩から早期発見が可能になり、10代の女性にも見つかっているのが現状です。
生理がある限り発生する病気ですが、早期に発見して早期に治療すると症状を抑えることができて、不妊を防ぐ手立てにもなります。

スポンサーリンク

子宮内膜症であるかどうかはどうすればわかるでしょうか。
特に10代の若い女性では、婦人科に行くのも恥ずかしく足が向かず、つらい生理痛を我慢するのに鎮痛剤の長期服用もあるので体にはよくありません。
そこで、チェックポイントとして自分で確認できることは自己観察して、おかしい場合は婦人科へ受診しましょう。
つらい生理痛で鎮痛剤を飲んでいても、痛みがおさまらない症状が続き、鎮痛剤の服用量が増えてきている。
生理中に嘔気や嘔吐があり、月経血量がかなり多すぎて、レバーのような血の塊も排出されることがある。
生理時期以外でも下腹部の痛い症状がある。
下腹部にしこりがある。
生理痛の症状が年々ひどくなってきている。
このような事が多くみられる時は10代であっても一度は婦人科への受診が必要です。
子宮内膜症は良性の病気ですので、命を失う事は無い病気です。
ただし、検査次第では、他の病気が見つかる事もあります。
10代でも例外ではありません。
たかが生理痛と言われる子宮が元と考えられる症状が発生していても軽く考えず、長期に気になるような症状が続くときには専門医のいる病院への受診が早期発見早期治療に繋がります。

スポンサーリンク