チョコレート嚢胞 運動 

チョコレート嚢胞の人の運動時の注意点

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞というのは、俗に言う子宮内膜症の一種です。
これが出来ると、運動をしてはいけないと言われているようですが、実際のところはどうなのでしょうか。
運動はしても問題はないのかというところについて迫ってみましょう。

 

 

 

【チョコレート嚢胞とは】
このチョコレート嚢胞は、卵巣の内部に子宮内膜症が進んだ場合、卵巣内に嚢胞が出来るのです。
月経のときに出血を繰り返すことによって、卵巣内に溜まった血が変色してチョコレート色に見えることからチョコレート嚢胞と呼ばれているのです。

 

 

【どんな女性が対象になっているのか】
エストロゲンに依存するところがあるたえ、初潮から閉経までの年齢で生殖可能な女性に発症する病気なのです。
ですから、若い女性でも発症する可能性があるというわけです。
原因そのものはまだ明らかにはされていません。

 

スポンサーリンク

 

【チョコレート嚢胞は運動をしても良いのか】
チョコレート嚢胞の場合、運動をして良いのかということですが、原則運動をしては駄目ということはありません。
ただし、症状が辛いことから動けないという場合には無理はしなくても良いでしょう。
反対に体調がよいならば、運動は積極的にした方が良いでしょう。
運動が苦手と言うならば、ストレッチやヨガをしてみるとリラックスも出来てちょうど良いでしょう。

 

 

子宮内膜症のときの運動でこれをやっては駄目ということはありませんが、痛みを和らげることが出来るように心がけたいところです。
軽い気持ちで身体を動かすことが出来れば、体の調子をキープすることもできるはずです。
もしも運動をすることが難しいと思ったら、そのときは根本的な治療をすることを意識してみても良いでしょう。

 

 

チョコレート嚢胞、つまりは子宮内膜症ですが、この治療は最近では内視鏡を使うことが出来て、おなかを切らずに手術が出来る方法もあるのです。
患者さんの負担が軽くなっていることもあり、余裕があれば産婦人科で相談をしてみると良いでしょう。

スポンサーリンク