子宮内膜症 症状 胃痛

子宮内膜症の症状の1つである胃痛

スポンサーリンク

近年子宮内膜症で悩む20代から30代の女性が増加しています。
子宮内膜症というのは子宮の内側の組織である子宮内膜が、子宮以外にその組織ができてしまうことを言います。
子宮内で不要となった子宮内膜は経血として排出されますが、子宮以外の組織でできてしまった子宮内膜は外に排出されることなく体内にとどまり、それが大きくなって様々な症状を引き起こします。
場合によっては不妊の原因にもなる可能性があります。
代表的な症状としては下腹部痛、イライラ、下痢、排便痛ですが、胃痛を訴える女性もいます。
とくに胃痛に関してはなかなか婦人科系疾患と結びつける女性が少なく見過ごされがちな症状の1つです。
加えて子宮内膜症が進行すると痛みは市販の鎮痛剤では対応できないものになります。
結果として日常生活に支障をきたすこともあります。

スポンサーリンク

これまでの研究の結果からも胃痛が婦人科系疾患と関係があると判明しているにも関わらず、なぜか見過ごされがちになっていました。
大多数のメデイアや情報源が婦人科系疾患の症状として下腹部痛や不正出血を挙げていて、なかなか胃痛に関してはとりあげていないので必然的に多くの女性は下腹部痛や不正出血に目をやりがちです。
ですが子宮内膜症によって胃に癒着が起こるともちろん胃痛を伴う場合があり、それは生理開始2週間前頃より始まるPMSとは違い期間が限定されることなく起こることが特徴です。
特に20代から30代の重いPMSに悩んでいる女性で頻繁に胃の不快感を感じるようであれば婦人科系疾患を疑うことも必要です。
今では不妊で悩む女性の約2割が子宮内膜症を抱えていると言われています。
今後妊娠を希望する女性は些細なことでも医療機関に相談することが重要です。

スポンサーリンク