子宮内膜症 腰痛 緩和

子宮内膜症による腰痛の緩和方法等について

スポンサーリンク

 子宮内膜症とは女性特有の疾患の一種で、子宮内膜が子宮以外の場所に発生するというものです。
子宮内膜とは子宮の内側を覆っている膜の事で、受精卵が着床する時に受け止める役割をしています。
この膜は定期的に剥がれて体外へと排出されて、常に新しい状態を維持するのですが、これが生理という現象になります。
 子宮内膜症になると本来は子宮内だけで増殖する組織が、卵管や卵巣等でも増殖をしてしまいます。
しかも生理になるたびに子宮と同じように、古い膜が剥がれるという現象が起こります。
しかし子宮のように体外に排出する事が出来ないので、剥がれた膜がいつまでも体内に残り続ける事になります。
その結果として、体に様々な影響が現われる事になります。
 子宮内膜症になった場合の症状としては腰や下腹部等の痛みが有名で、患者全体の約半数に現われます。
それ以外にも下血や血尿、血痰や気胸等の症状が現われる事もあります。

スポンサーリンク

 子宮内膜症の治療方法としては大きく薬物療法と、手術の2種類が挙げられます。
どちらの治療方法を行なうかは症状の進行具合や、患者の状態等を見て総合的に判断されます。
 薬物療法は鎮痛薬等を使って行なう対症療法が主で、この方法だけで根本から完治させる事は難しいです。
そのため手術と組み合わせて、完治を目指すというケースも少なくないです。
手術では病巣だけを切除する方法と、子宮内膜症が起きている卵巣等を全て切除してしまう方法の2種類があります。
手術後に出産を望んでいるか否か等によって、どちらの方法を行なうかが決定されます。
 また病院で行なう治療と合わせて、自分で症状を緩和させるという方法もあります。
自分で緩和方法を行なう事で、多くの患者が悩んでいる腰痛を和らげる事が出来ます。
腰痛の緩和で特に効果的なのが、蒸しタオル等を使って腰を温めるという方法です。
腰を温める事によって血行が良くなり、腰の痛みが軽くなってきます。
ちなみにこの時にマッサージを加えると、より高い効果を期待する事が出来ます。

スポンサーリンク